江野行政書士事務所 縁-恩サポートオフィス

行政書士 江野智義

補助金・相続・許認可の
書類作成とご相談

各種補助金申請
相続・遺言
官公署への許認可申請
書類作成とご相談

承っています。
補助金・相続・許認可の
書類作成とご相談

業務内容

ものづくり補助金申請【通常枠】

新しく導入したい機械装置費等の一部を国が支援するものです。
補助額の上限は原則1,000万円
補助率は、中小企業者は1/2、小規模事業者は2/3です。

弊所は、経営者さまからのヒアリングを元に、事業計画を整理して文書にいたします。

ものづくり補助金申請【特別枠】

新しく導入したい機械装置費等の一部を国が支援するものです。
補助額の上限は原則1,000万円+50万円
【特別枠】A類型2/3、B、C類型3/4
【事業再開枠】10/10、上限50万円

弊所は、通常枠ではなく、特別枠での申請をお勧めいたします。

事業継続力強化計画

災害などのリスクに対応するための計画書

自然災害等による事業活動への影響を軽減することを目指し、事業活動の継続に向けた取組を計画するものです。
ものづくり補助金の加点項目であるので、策定をお勧めします。(要別途費用)

小規模事業者持続化補助金

従業員数5人以下(製造業等20人以下)の小規模事業者が新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるための前向きな投資、販路開拓等の取組みに要する経費の一部を支援する制度です。
ご利用しやすい料金設定、着手金0円・成功報酬金5~20万円(税別)で支援を致します。

経営革新計画

新商品の開発や新たなサービスに取り組む中小企業が3~5年間の経営計画を都道府県に申請して承認されることにより、さまざまな支援措置を受けやすくなる制度です。

ものづくり補助金の加点項目であり、承認されることで加点されます。

公正証書遺言原案作成

事業を特定の相続人に継がせたい場合には、その旨を遺言書に残しておくことにより、事業用の資産が分散してしまうことが防止できます。

弊所は、予防法務の観点から公正証書での遺言の作成をお勧めします。

事業継続力強化計画

災害などのリスクに対応するための計画書

自然災害等による事業活動への影響を軽減することを目指し、事業活動の継続に向けた取組を計画するものです。
ものづくり補助金の加点項目であるので、策定をお勧めします。(要別途費用)

小規模事業者持続化補助金
無料Zoom事前相談

小規模事業者持続化補助金をご検討の経営者さま
まずは無料Zoom事前相談でご相談ください。

お問合せ

お問合せは下記フォームよりご送信ください。
24時間以内に、メールにてご返信をいたします。
尚、ご返信にお時間を頂戴する場合も
ありますので、ご了承をお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信する

自己紹介

Tomoyoshi Eno
江野 智義
・行政書士(申請取次行政書士)
・著作権相談員(文化庁名簿登録)
・二級知的財産管理技能士

​昭和41年9月27日生まれ
平成元年に京都産業大学法学部を卒業、大阪の百貨店に入社後、外商部に配属となり、3つの店舗、開設準備室を通じて、21年間一貫して外回り営業の業務に従事する。

百貨店を退職後、外商マン経験を活かして、大阪府委託事業のマッチングコーディネーターとして府内の中小企業製造業の“強み”や“取組み”のヒアリングとマッチング業務に携わり、その後は中小企業庁委託事業の地域人材コーディネーター職を経て「縁-恩サポートオフィス」として独立、その後「江野行政書士事務所」として開業をする。

​【理念】
ご縁を大切に、ご恩に感謝。
私は関わる周りの方々をサポートすることでWin-Win-Winの関係を築き、私自身も成長することを目指しています。
争いのない幸せな相続の実現に寄与します。


【私の方針】
専門用語をできるだけ使わず、わかりやい言葉での説明を常に心がけています。

【好きな言葉】
笑う門には福来る

【所属】
大阪府行政書士会 中央支部役員
大阪商工会議所
​伊藤塾行政書士OBOG会秋桜会

アクセス

江野行政書士事務所
縁-恩サポートオフィス

ADDRESS
大阪市中央区内本町1-2-15
谷町スクエアビル8F-17
TEL
06-6947-8055
FAX
06-6947-8058
OPEN
平日9:00〜18:00
FAX
06-6947-8058
専門用語を使わずわかりやい言葉での
説明を心がけています。

私の方針

行政書士試験の受験時には、私は50歳を超えていましたので、耳慣れない専門用語に苦労しました。

長く百貨店に勤務していた際も、お客さまに商品のセールスポイントを、わかりやすい言葉でお伝えしないと、お客さまにお買いもとめいただけません。

このような経験から、専門用語を使わず、わかりやすい言葉で、お伝えすることを心がけています。